2017年3月20日

釣りもの 大きさ 匹数
シマアジ 0.7~2.2kg 25尾

沖つり情報  おかっぱり情報
沖つりは早朝より4人で出航
他、マダイ1.0~1.6kg2尾とアカハタ1尾、イサキまじる。
水温15.8℃ 水色 澄む。
※水温低くいがシマアジが良く釣れた。
おかっぱり2組
2日間色々サーフをまわったが、ヒラメもヒラスズキも型みず、
3日目最終日の朝、1人が宿から歩いて数分の若郷前浜海岸にて
60cmのヒラメをゲット!!

2番

3月19日
9時30分より3人で出航
ハタ 2.0kg 1尾
他、カンパチ1尾と大型イサキ多数。
水温14.8℃ 水色澄む

unnamed

2017年3月18日

釣りもの 大きさ 匹数
ハタ 2.8kg 1尾
マダイ 3.3kg 1尾

10時より3人で出航し、
5時間の釣り
他カンパチ1尾とイサキ15尾。カサゴ1尾。
※水温低く魚の食いは良くない状態。
水温14.7℃  水色 澄む。
1番

2番

2017年2月15日

釣りもの 大きさ 匹数
ハタ 0.8~3.0kg 4尾
あやめカサゴ 0.7kg 3尾

10:00より仕事や観光で宿泊中のお客さんの刺し身釣りに自分1人で出航。
※水温がかなり低下したためかイサキやマダイは全く釣れず、当たりさえ無い。
空で帰る訳にはいかず、サバの切り身で根魚を釣り、なんとか刺し身にはなった。
水温14.2℃~15℃
※植長丸がまだ準備中のため、親戚の3トン級の小型船を借りて出航した。
※水温かなり低下し、陸っぱりでのヒラメは期待がもてるかも知れない。

2017年2月1日

1月3日の午前釣りを終え1月5日から下田造船所にて船の内外装及び舵周り、
排気管などのリフォームや取り替えのため沖釣りはお休みにしていましたが、
昨日の午前中完了し、無事新島若郷港に帰って来ました。
その間、私も人間ドックを受けたり、短い日にちですが夫婦で毎年行く御伊勢参りにも行って来ました。
今年の御伊勢参りは伊良湖岬からのフェリーは使わず途中吹雪もあり大変でしたが、
3日前に替えた冬タイヤとSUV車のおかげなのか、
約540キロの道程をひたすら走り続け、賢島のホテルになんとかたどり着くことが出来た。
翌日早朝から海上安全の寺、正福寺に行き、一年間のお礼と新たな祈願をして、
その後夫婦岩と伊勢神宮外宮、内宮と参拝し、やはり一年間のお礼と新らしい年の無事故や家族の健康を願い、
翌日一路東京の家に戻りました。
今年で連続6年間御伊勢参りに行きましたが、夫婦岩に行ったのは初めてです。
岩にあたって砕け散る波を被りながらも、二つの岩は一本のしめ縄でしっかり結ばれており、力強ささえ感じました。
波静かな日は笑みを浮かべるような優しい姿で参拝に来る人達を見ているのかも知れない。
順風満帆な日ばかりではないと教えてくれるようでした。
さて、船ですが昨日帰って来た時点で陸揚げし、掃除や降ろした物の取り付けなどまだ時間がかかり、
稼働するのは今月中旬以降になりそうです。
内装も外装も今までと違い、とても綺麗になりました。
船体の配色や色は全て女将さんのデザインで、船体横のアルファベットは釣り船や漁船では初めてで、
プレージャーボートでもめったに使わないというドイツ文字にし、その色も全てを女将さんが考えました。
ファンタジックな船にしたいという狙いがあったようです。
自分の想定していた通りのできばえで喜んでいました。
下田造船所でも今までにない色合いに最初は戸惑ったようですが、
その出来上がりに塗装屋さんも造船所の親方や職人さん、下田の漁師さん達も
とても綺麗な色合いと配色だと驚いて喜んでくれました。
子供が手に掴んで遊べるような、そんな船に仕上がりました。
1番

2番

7番

3番

4番

5番

6番

3 個の添付ファイル

2016年12月31日

釣りもの 大きさ 匹数
ヒラメ 70cm 1尾

沖釣りは出船者なし。
陸っぱり3組中3人は午前中、羽伏浦海岸で70㎝ヒラメ1尾。
もう1組2人は40㎝メジナなど。
※沖釣り1月2日のお客さんから出船します。
1%e7%95%aa

12月30日
早朝より6人で出航
マダイ   0.6~1.8kg 10尾
カンパチ  1.3~2.2kg  3尾
他イシダイ1尾と小型ハタ8尾、イサキ15尾~35尾。

※陸っぱり3組6人
ヒラメ40㎝1尾とマダイ7キロ1尾、他メジナ数尾。
※近所で地元の前田さん羽伏浦岩場近くで午前中80㎝のヒラメを釣りあげました。
いずれもルアーでの投げ釣り。
※最近では羽伏浦海岸では毎日のようにヒラメが釣れています。
以前に船でヒラメ釣りをしていた頃は羽伏浦の磯際では朝夕必ずと言って良いほど
釣れて記憶があるが、船が海底のごろた石にぶつかるのではと心配したものです。
羽伏浦海岸ではゴミ焼却場付近から羽伏浦漁港にかけて海底の浅場にごろた石や
岩があり、水深を気にしながら、その付近でもヒラメを多く釣ったものです。
2%e7%95%aa

3%e7%95%aa

img_0982

img_0983

2016年12月26日

釣りもの 大きさ 匹数
マダイ 0.7~2.8kg 11尾
ハタ 0.6~2.6kg 8尾

東海汽船到着後より4人で出航。
他カンパチ2尾とイシダイ1尾、イサキは多数。

※陸っぱり2人は早朝小型ヒラメ1尾。
水温18℃
水色 澄む。
※サメに魚を捕られる事は1度も無し。

2016年12月25日

釣りもの 大きさ 匹数
マダイ 0.8~1.7kg 4尾

午前釣り2人
他イサキ。10時に沖上がり。

午後釣り1人
マダイ
0.6~3.0kg 4尾
他カンパチ1尾とイサキ多数。

陸っぱり2人はヒラメ2尾。

船釣りでもイサキに大ヒラメが食いつき、船縁でバレてしまうハプニングがありました。
※北東の風で陸っぱりは西側海岸での釣り。
船釣りも風が強く釣りづらい為、西側での釣りとなった。
水温17.5℃  水色明るい。

2016年12月24日

釣りもの 大きさ 匹数
ハタ 2.3kg 1尾
マダイ 1.5~2.0kg 2尾

12月24日
東海汽船到着後より3人で出航。
他カンパチ2尾とメジナ.イシダイと大型イサキ多数。

※陸っぱり2人はシークレットポイントでヒラメ狙い

ヒラメ
1.0~2.5kg 2尾

※早朝まで吹き荒れた西の風も収まり、東側海岸は陸っぱりには絶好の凪、水温も徐々に低下ぎみで、
これから5月頃まではヒラメや大型のヒラスズキなど狙い目です。

※10月中旬よりリフォーム中だった宿は今月18日に完了、壁は1階2階共に綺麗にし、
古かったタイルの洗面所も見違えるほど綺麗になり、客室の壁も全て張り替えて、
2部屋だけベッドの洋室にしました。
食堂は白い引き戸で囲み、畳からフローリングに換えアンティークなテーブルと椅子にし、
小さなコンポも置き今までと違った雰囲気の宿に変わりました。
今日はクリスマスイブ、食事は洋食にし、雰囲気を味わうことにした。
※1月5日から1月30日頃まで、船を内外装共にリフォームするため沖釣りはお休みになります。
その後釣りビジョンによりホームページをリニューアル。
2017年は宿も船も私達夫婦も初心から新しくスタートします。
1%e7%95%aa

2%e7%95%aa

3%e7%95%aa

4%e7%95%aa

5%e7%95%aa

6%e7%95%aa

7%e7%95%aa

8%e7%95%aa

2016年12月3日

釣りもの 大きさ 匹数
カンパチ 1.3~2.0kg 3尾
マダイ 1.5~2.0kg 2尾

午前釣り5人で出航
他イシダイ.メジナ.大型イサキ.ナンヨウカイワリ.ツムブリ.ウメイロ。
※早朝すぐにシマアジは当たったが全てサメに捕られてしまった。
水温は少し低下したが、まだサメの動きが活発。
水温20.3℃ 水色明るい。
※陸っぱり3人はカンパチ..イサキ。