全件数:1 件 

2020年1月11日(土) 陸っぱりの釣果

1月11日

新島聖地サーフルアー1人

ヒラスズキ 70㎝ 1尾

同日  堤防釣り2人は

夕方

シマアジ 0.7㎏~1.5㎏ 4尾


1月12日

早朝より新島聖地へとサーフルアーに出発

ヒラスズキ 58㎝~75㎝ 4尾


同日 堤防釣り2人は夕方

シマアジ 1.7㎏ 1尾

※ ヒラスズキを5尾ゲットした小渡氏が釣行レポートを送ってくれました。

《釣行レポート》

1月11日(土) 

ヒラスズキ×1

到着後すぐは潮位が低かったので、翌日にシークレット方面に赴くために早速の下見。

10時頃に駐車場に到着。

40分ほど歩き進んでみると、入口側は濁りきっており、最南端付近のみ水色がきれいな状態。

11時半くらい、お昼ご飯のためにもう帰ろうかと思ったとき、少し浅くなりサラシが出ている場所でグングンとヒット。60cm後半くらいのヒラスズキでした。ルアーは95㎜のシンキングペンシル。普段は130~150mmくらいのルアーの出番が多いのですが、この時はいつもより小さいルアーを使っていました。


夕方は潮位と波が高く釣りができる場所がほとんどなかったため、若郷奥の磯を打つもノーバイト。

帰り際、ほとんど真っ暗な中、若郷前浜でぼーっとゆーっくりルアーを引いていると強烈な引きが。

大きな真鯛が顔を出すも、ぼーっとしていたせいでフックアウト。痛恨のミスでした。



1月12日(日)

ヒラスズキ×4、カンパチ×1

この日は深夜に大きく潮が引き、そこから前日と同じように高い潮になるため、深夜から入って昼前にあがることに。駐車場に3時着。

すでに先行者が1人おり、竿を振っていた。

最初は聖地(最南端)付近で竿を振っていたが、暗い中で波が低いことが気になり、入口側の浅場に移動。波の立ち方はよいのにアタリがないので、まだ暗いが濁りが残っていると判断し、元の場所まで戻ることに。

すると、そこかしこでヒラスズキがボイルを始めるも、不思議と釣れない。
ゆーっくりルアーを引いていると、ついに待望のヒット。58cmの小ぶりなヒラスズキ。
口の中には小さな魚がたくさん。(ナミノハナ。)

その後もボイルが続くも、いつも使っているルアーでは反応しない。
先ほどの魚の口の中にマイクロベイトがいたことを思い出し、持ってきたルアーの中でも最小クラスの70mmのシラスカラーのシンキングペンシルをチョイス。
ルアーを替えるとすぐにアタリが。
波で揉みくちゃの中での小さいルアー、魚が釣られたことに気づかず、引いたり引かなかったりと不思議な感覚。75cmの立派なヒラスズキが顔を出し、その後も同サイズを追加。小さいルアーにしか反応しない、珍しいパターンだと判明。添付の通り、とっても小さいルアーです。
その後、95mmのシラスカラーのルアーで65cmくらいのヒラスズキと40㎝くらいのカンパチを追加し、納竿。既にリュックが重く、この子達は背負いきれないので即リリースしました。数時間にわたり反応があって、とっても楽しい釣りになりました。

いつもありがとうございます。
またよろしくお願いします。

小渡

全件数:1 件 
コンテンツ
天気予報
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ