全件数:465 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> [47]

2020年7月03日(金) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
モロコ32kg合計1匹 -----
ハタ0.8~5.0kg合計18匹 -----
ホウキハタ-----合計1匹 -----
【コメント】
8人でハタとモロコ狙いで出航。

※ ハタはジギングとエサ釣り両方で狙い、どちらでも釣れた。
モロコは持参した冷凍サバに当たり、ジギングでも1度モロコが当たったが、
根に入られてしまい、根ズレで切れてしまった。


2020年6月25日(木) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
マハタ0.8~7.0kg合計15匹 -----
カンパチ6.8kg合計1匹 -----
【コメント】
8人でジギングで出航。

他、ヒラメ1匹とハガツオ1本、ヒメダイ、カンコ。

※ 豪雨に加え波も高く、流れもかなり速かったため、
条件は悪かった。



2020年6月20日(土) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
シマアジ0.7~1.0kg合計17匹 -----
マダイ1.8~2.0kg合計2匹 -----
【コメント】
午後釣りより3人で出航

他、大型イサキ。

※ 毎年恒例のサメが出始めシマアジが掛かっても船に上がるのは極僅かになってしまった。
それに加えて、シマアジも小型になった。
これからの傾向としては、あまり良くない状況が考えられる。
本日6月22日 北東の風が台風並みに吹いており、
海は大荒れ状態。
このため2~3日間うねりや濁りが残り、良い状況では無いと判断し、
明日6月23日に来られる
お客さん3組とも延期する事にした。



2020年6月19日(金) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
シマアジ0.7~1.5kg合計27匹 -----
マダイ1.0~2.5kg合計8匹 -----
【コメント】
午後釣りより4人で出航

他、フエフキダイ.イサキ.メイチダイ.オジサン。


2020年6月18日(木) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
シマアジ0.7~1.0kg合計22匹 -----
マダイ1.5~4.0kg合計10匹 -----
カンパチ2.0kg合計1匹 -----
【コメント】
午後釣りより4人で出航
他、イサキ.メジナ。

2020年6月09日(火) 船釣りの釣果

6月9日

お客さん2人と地元の梅田氏、 それに自分と4人で

シマアジ釣りに出航。


シマアジ

0.8㎏~2.3㎏  数  不明


カンパチ

1.5㎏~2.5㎏ 15尾


※  シマアジの匹数は過去最高で不明。

まだ泊まりでの釣りは少人数に限り出航しているので

漁業を兼ねて出航しています。

翌朝 漁協に水揚げすると、

42パックあり、1隻1日の水揚げ量はシマアジでは過去に例がないと漁協職員が語った。


6月10日

お昼頃から地元の梅田氏と
富丸の船長を乗せ、自分を含めて3人で漁業での出航。

シマアジ
0.8㎏~2.5㎏  数  不明

カンパチ 1.5~3.0㎏ 9尾

他、マダイ1尾

※  翌日 下田送迎1泊での釣行予定がありましたが、
天候の悪化が予想されるため取り止めにし、予め下田に向かう事がなくなったので漁業出航する事にした。

この日やりずらい面もあり前日には届かなかったが、それでも まずまず釣れた。
11日朝  漁協水揚げで、
富丸の船長のパック数は解らないが、
自分は30パックあった。


2020年6月08日(月) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
シマアジ1.0~2.5kg合計62匹 -----
カンパチ1.5~2.8kg合計13匹 -----
【コメント】
6月8日
午後釣りより3人で出航

※ 8日は良型もまじり食いも活発だった。
わずか3時間程度の釣りだったが、十分の釣果。


2020年6月06日(土) 船釣りの釣果

久しぶりのコマセ釣りに出航

6月5日

午後釣り5人

シマアジ 8~14尾

カンパチ 2~5尾


6月6日

午後釣り11人

シマアジ 1.0~1.8㎏ 1~9尾

カンパチ 1.0~2.5㎏ 3~11尾

ハタ 3尾とマダイ 1尾、他イサキ。

半日ずつの釣りでしたが、シマアジのバラシも多く、かなり楽しい釣りができた。

ルアーのお客さんも1人いましたが、効率よくカンパチをかけていました。

ハタも1尾ゲット。


新型コロナウイルス感染拡大の影響により釣り人や、観光客の宿泊は受け入れないでほしいと言う、

新島村からの要請で各宿泊業や商店など協力金まで頂いている以上、それに従い宿泊はお断りせざる得なく、

下田送迎の日帰りのみの釣行に致しました。

6月6日の上州屋富士今泉店一行のお客さんは、1泊の予定でしたが日帰りになってしまったことをお詫びいたします。

6月8日から宿泊のお客さんも受け入れることができるようになりますが、しばらくは少人数に絞り、

感染は徹底的に阻止する考えでおります。

2020年2月21日(金) 船釣りの釣果

釣りもの大きさ匹数詳細
シマアジ1.3~1.8kg合計7匹 -----
マダイ1.5~3.0kg合計3匹 -----
【コメント】
10時より2人で出航

他、アカハタ1尾にメジナ.イサキは多数。

※ カツオ釣りに行こうと思った矢先、富丸の爺さんが家に来てイサキ釣りに行こうよ 、
と 言うので この日は梅田さんも乗せてイサキ釣りに行く事にした。
しかし、イサキ釣りは肩書でシマアジアを釣りたいに決まっている。
2人が前、後ろで 楽しそうに釣りしてるのを、私は操舵室から眺めていた。
十分な所で14時に沖上がりし、帰航。
私も3匹貰い、家の水槽にいれた。

水温 19℃ 水色 澄む


*陸っぱりの釣果

2月9日 ヒラスズキ 65㎝ 1尾

2月10日 ヒラスズキ 60㎝ 2尾、 マダイ1尾

陸っぱりの詳しいレポートは、Facebookをご覧ください。

     
    



2020年1月11日(土) 陸っぱりの釣果

1月11日

新島聖地サーフルアー1人

ヒラスズキ 70㎝ 1尾

同日  堤防釣り2人は

夕方

シマアジ 0.7㎏~1.5㎏ 4尾


1月12日

早朝より新島聖地へとサーフルアーに出発

ヒラスズキ 58㎝~75㎝ 4尾


同日 堤防釣り2人は夕方

シマアジ 1.7㎏ 1尾

※ ヒラスズキを5尾ゲットした小渡氏が釣行レポートを送ってくれました。

《釣行レポート》

1月11日(土) 

ヒラスズキ×1

到着後すぐは潮位が低かったので、翌日にシークレット方面に赴くために早速の下見。

10時頃に駐車場に到着。

40分ほど歩き進んでみると、入口側は濁りきっており、最南端付近のみ水色がきれいな状態。

11時半くらい、お昼ご飯のためにもう帰ろうかと思ったとき、少し浅くなりサラシが出ている場所でグングンとヒット。60cm後半くらいのヒラスズキでした。ルアーは95㎜のシンキングペンシル。普段は130~150mmくらいのルアーの出番が多いのですが、この時はいつもより小さいルアーを使っていました。


夕方は潮位と波が高く釣りができる場所がほとんどなかったため、若郷奥の磯を打つもノーバイト。

帰り際、ほとんど真っ暗な中、若郷前浜でぼーっとゆーっくりルアーを引いていると強烈な引きが。

大きな真鯛が顔を出すも、ぼーっとしていたせいでフックアウト。痛恨のミスでした。



1月12日(日)

ヒラスズキ×4、カンパチ×1

この日は深夜に大きく潮が引き、そこから前日と同じように高い潮になるため、深夜から入って昼前にあがることに。駐車場に3時着。

すでに先行者が1人おり、竿を振っていた。

最初は聖地(最南端)付近で竿を振っていたが、暗い中で波が低いことが気になり、入口側の浅場に移動。波の立ち方はよいのにアタリがないので、まだ暗いが濁りが残っていると判断し、元の場所まで戻ることに。

すると、そこかしこでヒラスズキがボイルを始めるも、不思議と釣れない。
ゆーっくりルアーを引いていると、ついに待望のヒット。58cmの小ぶりなヒラスズキ。
口の中には小さな魚がたくさん。(ナミノハナ。)

その後もボイルが続くも、いつも使っているルアーでは反応しない。
先ほどの魚の口の中にマイクロベイトがいたことを思い出し、持ってきたルアーの中でも最小クラスの70mmのシラスカラーのシンキングペンシルをチョイス。
ルアーを替えるとすぐにアタリが。
波で揉みくちゃの中での小さいルアー、魚が釣られたことに気づかず、引いたり引かなかったりと不思議な感覚。75cmの立派なヒラスズキが顔を出し、その後も同サイズを追加。小さいルアーにしか反応しない、珍しいパターンだと判明。添付の通り、とっても小さいルアーです。
その後、95mmのシラスカラーのルアーで65cmくらいのヒラスズキと40㎝くらいのカンパチを追加し、納竿。既にリュックが重く、この子達は背負いきれないので即リリースしました。数時間にわたり反応があって、とっても楽しい釣りになりました。

いつもありがとうございます。
またよろしくお願いします。

小渡

全件数:465 件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> [47]
コンテンツ
天気予報
最近の釣果
月別アーカイブ
Facebook
ページトップ